未分類

  • 2020.01.11

各種統計量を出力する

欠損値を把握する 観測値の変数にデータが保存されていない場合、欠損データもしくは欠損値が発生する。統計や機械学習に欠損値は大きく影響するため、欠損値の数を把握する必要があります。 stock_information01.csv isnull()を用いることで、欠損値つまりnullがあればTrue、欠損値がなければFalseを返します。 データ数が少ないのであれば、上記でも問題ないですが、データ量が […]