検索
記事内検索

WindowsにUbuntuをインストールし、Pythonでプログラミングする方法①

WindowsにUbuntuをインストールし、Pythonでプログラミングする方法

なぜ多くの方々がMacBookやiMacを使うのでしょうか。

その理由の多くがカフェでドやれる端末がほしい、動画編集をしたい、プログラミングをしたいなどがあると思います。

プログラミング目的で購入される方で、Apple製品向けのアプリケーションを作成しないのであれば、コストパフォーマンスの観点からWindows端末を購入することをお勧めします。

WindowsにUbuntuをインストールしよう

いままでPythonを直感的に使おうと思うと、導入が難しいubuntuをデュアルブートするか、macOSを使うしかありませんでした。

しかし、現在はデュアルブートすることなくWindowsのままubuntuの環境を使うことができるのです。

この記事ではその方法をご紹介致します。

Windows Linux Subsystem 有効化

UbuntuをWindows 10のSubsystemとして機能させるために、Linux Subsystemを有効化しましょう。

コントロールパネルを開き、「プログラム」、「プログラムと機能」とクリックして開いていきましょう。

上記の画面が表示されましたら、右に表示されている「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックしてください。

ダイアログから、「Windows Subsystem for Linux」をチェックして、「OK」をクリックします。

「OK」をクリック後、自動的に「Windows Subsystem for Linux」がインストールされます。
インストール完了後は、Windowsを再起動する必要がありま「今すぐ再起動」をクリックします。

開発モードに変更し、Ubuntuをインストール

Windowsボタンから歯車ボタンをクリックすると上記画面が表示されます。

この中の「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。

上記画面が表示されたら、「開発者モード」をチェックします。

WindowsにUbuntuをインストールし、Pythonでプログラミングする方法②へ

お問い合わせ

副収入サイト

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム モッピー!お金がたまるポイントサイト アンケートモニター登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする