検索
記事内検索

python 基礎02 (Python 3 エンジニア認定基礎試験 勉強)

使用する資料
Pythonチュートリアル 第3版 / O’REILLY JAPAN 1,944円(税込)
楽天books
Amazon

Python チュートリアル 3.5.3
Webチュートリアル

4.文字列

4-1.基本

Pythonでは、文字列を扱う際”(シングルクォート)もしくは””(ダブルクォート)を使います。

>>> ‘hello python’
‘hello python’
>>> “hello python”
‘hello python’

I’mなど単体でシングルクォートを使いたい場合があると思います。

>>> ‘I’m’
File ““, line 1
‘I’m’
^
SyntaxError: invalid syntax
>>> ‘I\’m’
“I’m”
>>> “I’m”
“I’m”
4-2.print()関数

print()関数では、全体を囲む引用符を除いてエスケープキーや特殊文字を出力する。

>>> ‘”I\’m”‘
‘”I\’m”‘
>>> print(‘”I\’m”‘)
“I’m”

特殊文字として認識されるのを防ぎたい場合は、raw文字列を使います。

>>> print(‘C:\name’)
C:
ame
>>> print(r’C:\name’)
C:\name
4-3.連結文字列

文字列同士を指定しない場合は、自動連結されます。
自動連結以外にも+を用いることで連結することができます。

>>> ‘py’+’thon’
‘python’
>>> ‘py”thon’
‘python’

文字列と変数を連結する場合は+でしかできません。
(※自動連携はできません。)

>>> name = ‘py’
>>> name ‘thon’
File ““, line 1
name ‘thon’
^
SyntaxError: invalid syntax
>>> name+’thon’
‘python’

*演算子をを用いることで繰り返すこともできます。

>>> ‘Hello ‘ ‘world! ‘
‘Hello world! ‘
>>> 3*’Hello ‘ ‘world! ‘
‘Hello world! Hello world! Hello world! ‘
>>> 3*’Hello ‘+’world! ‘
‘Hello Hello Hello world! ‘
4-4.インデックス指定

[数字]を指定することで左からの文字を表示することができます。
また、[-数字]のように負の数字を指定することで右からの文字を指定することができます。

>>> name=’Python3′
>>> name[0]
‘P’
>>> name[4]
‘o’
>>> name[9]
Traceback (most recent call last):
File ““, line 1, in
IndexError: string index out of range
>>> name[-2]
‘n’

:を用いることで文字の範囲を指定することができます。

>>> name=’Python3′
>>> name[:2]
‘Py’
>>> name[0:2]
‘Py’
>>> name[2:]
‘thon3’
>>> name[-2:]
‘n3’
>>> name[-2:1]

>>> ‘py’+name[2:6]
‘python’
4-5.文字列の長さ

len(変数)を用いることで、文字列の長さを表示することができます。

>>> name=’python’
>>> len(name)
6

5.リスト

リストを用いることで複数のデータをまとめて扱うことができます。

>>> list=[2,4,8,16,32]
>>> list
[2, 4, 8, 16, 32]
>>> list[:-2]
[2, 4, 8]

append()メソッドを用いることで末尾に追加できます。
また、文字列を指定することで新たなデータを代入することができます。

>>> list=[2,4,8,16,32]
>>> list
[2, 4, 8, 16, 32]
>>> list.append(63)
>>> list
[2, 4, 8, 16, 32, 63]
>>> list[5]=64
>>> list
[2, 4, 8, 16, 32, 64]

リスト内データを削除する場合は空データを入れることで削除できます。

>>> list
[2, 4, 8, 16, 32, 64]
>>> list[2:4]=[]
>>> list
[2, 4, 32, 64]
>>> list[:]=[]
>>> list
[]

リストの複合も扱うことができます。

>>> a=[1,2,3]
>>> b=[4,5,6]
>>> c=[a,b]
>>> c
[[1, 2, 3], [4, 5, 6]]
>>> c[1]
[4, 5, 6]
>>> c[1][1]
5
お問い合わせ

副収入サイト

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム モッピー!お金がたまるポイントサイト アンケートモニター登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする