[無料]個人事業主から法人まで簡単タブレットでクレジットカード決済を導入方法

Bankera Token(BNK)取引所
HitBTC,SpectroCoin

世界ではクレジットカード普及率がとても高いです。日本でも世界と比べると低いものの84%(16年度調べ)も普及しています。クレジットカードを導入していないためにサービスを利用しない人たちもいるため、クレジットカード決済を導入することはECサイトや法人や個人事業主によるマッサージ店や美容院、レストランなどの商店でも導入が必須ではないかと考えられています。この記事において、クレジットカード決済方法と大手決済サービス2社を紹介しています。

クレジットカード決済導入方法

クレジットカード決済する方法は、『直接契約方法』と『決済代行業者契約方法』の2種類があります。多くの商店など営む個人事業主や法人では、この『決済代行業者契約方法』を導入しています。

直接契約方法

メリット

・手数料交渉などができる。

デメリット

・決済手数料(加盟店手数料)や、カード会社から入金されるサイクルが異なるため入出金管理が大変
・セキュリティ要件が異なるためしっかり調べセキュリティを固めなければならない
・一つ一つ連絡をとる手間がかかる

決済代行業者契約方法

メリット

・一回の手続きで簡単クレジットカード決済を導入することができる

デメリット

・手数料が固定
・月々の固定費用がかかったりする場合がある(かからないサービスもある)
・入出金管理が簡単

フィンテック対応決済AirPAY

・おすすめな点

・月間費用は0円
・今だけ初期費用無料
・売上金の入金最大月6回振込手数料0円
・決済手数料
Visa、MasterCardR、American Express は3.24%
JCB、Diners Club、Discoverは3.74%
交通系電子マネーは3.24%
・多くのクレジットカード、電子マネー、ApplePayなどのフィンテックに対応

・コメント

フィンテック決済にも対応できるスマートデバイスで次世代決済にも対応する迅速な動きが魅力。月間費用も無料と導入しやすい環境ができていることが魅力の一つ。フィンテック決済のある約70%の加盟店が売上向上したというデータがある。

・企業サイト

https://airregi.jp/payment/

基本使用料0円Square (スクエア)

・おすすめな点

・月間費用は0円
・決済手数料は固定の3.25%
・入金は最短翌日
・今だけ初期費用無料
・ECサイトにも対応
・カードリーダを用いてタブレットによる決済だけでなく、カードリーダなしでブラウザ決済にも対応
・VISA,mastercard,American Express,DISCOVER,diners card,JCBの6社に対応

・コメント

やはりほぼすべてにおいて無料で始めれるという点が魅力。とりあえず、クレジットカード決済を導入してみたい方はお試しで導入するべき。シンプルかつ画期的なカード決済かと思います。

・企業サイト

https://squareup.com/jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする