▼スポンサー様広告▼

Crypterium(クリプタリウム) ICO に参加しました。

昨日Crypterium(クリプタリウム)のICOに参加したので簡単に説明していきたいなと思います。

購入した金額は約2万円ちょいです。

0.2122 ETHなので、140.71446718Tokenを得ることが出来ました。
もう終わりかけなので、ノーボーナスです。

もともと最低購入ラインでの購入しようとしていたのですが、まさかの送金中にBTCが高騰したためBTCを価格基準においているCrypteriumも価格が上がってしまい2度に渡り送金しなければなりませんでした。

イーサリアム(Ethereum)の送金手数料だけでも、1回で1000円ちょっと掛かるのにホント間抜けすぎました( ゜Д゜;)

現在はこんな感じです。

Crypterium ICOサイトを見る

もう少しなので、集め終わるのが先か期間で終了するのが先か気になりますね!

Crypterium(クリプタリウム) とは

Crypteriumは仮想通貨に特化した銀行を目指しています。最近話題になったBankera(バンクエラ)同じ金融業界です。

厳密にいえばいろいろあるんですが、簡単にいえば仮想特化型銀行がCrypterium、仮想のための銀行ではあるが現在現金が優勢なため法定通貨(円や米ドル、元など)も含めた銀行がBankera。そんなイメージで良いと思います。

もっと言えば、Crypteriumは決済業界なのかもしれません。

CrypteriumはICOBENCHでは5段階中4.7を獲得しているため注目度は非常に高いです。
Bankeraは5段階中4.0ですが、BankeraチームはSpectroCoinというフィンテック技術を先に取り入れて研究していたりXEMの代表も参画していたりとこちらも注目度が高いのです。

Bankeraについての記事はこちら

さいごに

私自身Suicaも携帯のタッチで入っており、財布を持たずに歩ける技術にとても便利だと思ったので投資をしました。

ギリギリですが、興味があれば参加するのもありかと思います。

Crypterium ICOサイトを見る

*このブログでは暗号通貨を認知度の高い仮想通貨と読んでいます。

▼スポンサー様広告▼

▼オススメ株証券▼

SBI証券[旧イー・トレード証券]

▼オススメFX証券▼

▼投資ツール▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする