銘柄分析~キャッシュフロー分析~

銘柄分析~キャッシュフロー分析~

株式投資には財務諸表や市場などを分析するファンダメンタル分析(Fundamental Analysis)とローソク足や分析指標を使ったテクニカル分析(Technical Analysis)があります。

ここではファンダメンタル分析の中のキャッシュフロー(CF:cash flow)分析について紹介しましょう。



キャッシュフローとは

キャッシュフロー計算書には、「営業キャッシュフロー」、「投資キャッシュフロー」、「財務キャッシュフロー」の3つの企業活動によるキャッシュフローが記載されており、キャッシュフローを知ることで企業の安定性や成長性を知ることができます。

営業キャッシュフロー

 営業キャッシュフローは、安定性を判断するひとつになり、企業の本業である営業活動によって得られた資金収入から、人件費や販管費などの資金支出を差し引いた現金収支を明らかにしたものです。営業キャッシュがプラスであればあるほど、収益力のある優秀な会社であると判断することができます。逆にこれがマイナスになると、事業継続が難しくなってきます。

投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローは、成長性を判断するひとつになります。成長期にある場合は、たくさん投資を行い資金を多く使うため、投資CFはマイナスになる傾向があります。また、資金不足などにより不動産などの固定資産を売却する場合は、資金が増えるため投資CFはプラスになります。

 基本的には上記の通りですが、定期預金へ預入する場合は投資CFはマイナスになり、真逆の印象を受けます。また、固定資産を売却する場合でも、資金に行き詰まっているわけではなく、生産効率を上げるための売却であれば良い印象を受け通常と逆の意味を持ちます。

財務キャッシュフロー

 財務キャッシュフローは、安定性と成長性を判断するひとつになります。借入金を返済したり、自社株買いをした場合は財務CFはマイナスになる傾向があります。また、積極的に成長を目指すために投資をする場合は、銀行からの借り入れなどで資金調達も多くなり財務CFはプラスになる傾向があります。



キャッシュフロー分析

優良企業系

営業CF +
投資CF
財務CF

本業でしっかり利益が確保でき、その儲けから投資費用や借入返済を行っていることがわかるCFとなります。

例:GMOペパボ

サービスの例:グーペ

積極投資企業

営業CF +
投資CF
財務CF +

営業CFが好調であっても、稼いだキャッシュ以上の投資を行うために銀行からの借入や社債などにより資金調達をしていることがわかるCFになります。

例:サイバーエージェント

サービスの例:https://abema.tv/

優良企業系

営業CF
投資CF
財務CF

本業が不調で資金繰りが苦しい場合は、銀行借入により資金繰りをつけようとするため財務キャッシュフローがプラスになります。

例:夢展望

サービスの例:ファッション通販サイト【夢展望】

投資カテゴリの最新記事