Javaと互換性のあるKotlin(ことりん)入門 02

Bankera Token(BNK)取引所
HitBTC,SpectroCoin
スポンサーリンク

私はほぼプログラミングがしたことがなく、ここでは私が学んだことを共有していく記事になります。少しでも参考になれば嬉しいです。

今回はKotlin(ことりん)を扱います。シミュレーションではSimplest version|Try Kotlin(https://try.kotlinlang.org/)を利用します。

前回の記事

私はほぼプログラミングがしたことがなく、ここでは私が学んだことを共有していく記事になります。少しでも参考になれば嬉しいです。 今回はK...

Kotlinの魅力, Hello, Kotlin! , 変数宣言

条件式if

fun main(args: Array) {
 val age:Int = 20
 val Type:String=if(age<20){
  ”child”
 }else{
  ”adult”
 }
 println(Type)
}
//実行結果
adult

“val Type:String=if(age<20)”にすることにより、if内の値についてはString型のTypeに代入されます。型を指定しなくても、if内がString型と推測してくれるので”val Type=if(age<20){“と記載しても問題なく実行することができます。


三項条件式

//Java
fun main(args: Array) {
 int age = 20;
 final String Type = age<20? “child” : “adult”;
 System.out.println(Type);
}
//実行結果
adult

“条件式? true : false”のような形が三項条件式になります。なぜJavaで記述したか。それはKotlinには三項条件式がないのです。三項条件式と同じように1行で記述するには、ifを用いて記述します。

//Kotlin
fun main(args: Array) {
 val age:Int = 20;
 val Type=if(age<20) “child” else “adult”
 println(Type);
}

次の記事

私はほぼプログラミングがしたことがなく、ここでは私が学んだことを共有していく記事になります。少しでも参考になれば嬉しいです。 今回はK...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする