▼スポンサー様広告▼

Javaと互換性のあるKotlin(ことりん)入門 01

私はほぼプログラミングがしたことがなく、ここでは私が学んだことを共有していく記事になります。少しでも参考になれば嬉しいです。

今回はKotlin(ことりん)を扱います。シミュレーションではSimplest version|Try Kotlin(https://try.kotlinlang.org/)を利用します。

Kotlinの魅力

“Hello, Kotlin!”を表示する前にJavaの”Hello, Java!”を記載し、Kotlinの魅力を説明していこうと思います。

Javaの場合

public class Main{
 public static viod main(String args){
  System.out.println(“Hello, Java!”);
 }
}

Kotlinの場合

fun main(args: Array) {
 println(“Hello, Kotlin!”)
}

JavaとKotlinでは行数の違いを見てわかったかと思います。大規模な開発になればなるほどKotlinとJavaの開発コード量に変化が出てきます。この魅力を感じKotlinを学習することにし、このシリーズを始めることにしました。


Hello, Kotlin!

fun main(args: Array) {
 println(“Hello, Kotlin!”)
}
//実行結果
Hello, Kotlin

Kitlinでは、デフォルトが”public”になっているため記載不要となっています。”Java”に慣れており記載したい場合は”public fun main”と記載しても問題なく実行することができます。また、文末の”;”もKotlinでは不要となっています。

変数宣言

public fun main(args: Array) {
 val s:String = “Hello, Kotlin!”
 println(s)
}
//実行結果
Hello, Kotlin

Kotlinで変数宣言をする際、”val”もしくは”var”の記述が必要になります。”val”は不可変変数であり、”var”は可変変数である。”val”はjavaの”final”と同様の動きをします。注意点としまして、型の頭文字を大文字にする必要があります。型の記載が苦手な方は記載しなくてもKotlin側で推論し自動で型を与えてくれます。

次の記事

私はほぼプログラミングがしたことがなく、ここでは私が学んだことを共有していく記事になります。少しでも参考になれば嬉しいです。 今回はK...

▼スポンサー様広告▼

▼オススメ株証券▼

SBI証券[旧イー・トレード証券]

▼オススメFX証券▼

▼投資ツール▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする