コインチェック(Coincheck)XEM ( NEM )の補償について発表

東証1部 ファンコミュニケーションズ
年齢学歴不問.開発/運用エンジニア募集
募集内容はこちら

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   

・スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。 (公式発表より引用)

Coincheck事件の原因とは

日本の3大取引所の1つであるコインチェック(Coincheck)が不正アクセスにより5億2300万xem(580億円相当)が盗まれたことが原因ではあるが、セキュリティの考えの甘さからホットウォレットですべて管理していたのが今回の大量の暗号通貨を盗まれた大きな要因になった。本来であれば以下のようなコールドウォレット(ハードウェアウォレット)で資金の一部を補完すべきである。また、これからの安全に暗号通貨(仮想通貨)を補完・長期投資を目的とするのであれば、投資家たちもコールドウォレット等で自分で危機管理すべきである。


日本の3大取引所:ザイフ(Zaif),ビットフライヤー(Bitflyer),コインチェック(Coincheck)

コールドウォレットとホットウォレットの違い

コールドウォレット(ハードウェアウォレット):Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットのように常にインターネット上に存在するわけではなく、必要な時にインターネット回線につないでビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)を保有・運用できるウォレット。クラウドサーバーに画像を保存するのではなく、USBメモリに保存するようなイメージを持ってもらえばわかりやすいと思う。

ホットウォレット:コールドウォレットと異なり、常にインターネット上に接続されているウォレット。手軽に運用できるメリットがあるものの不正アクセスや倒産等があると引き出されたり、消失したりする可能性がある。

XEM ( NEM ) 上昇

発表直前(?)発表後からXEM/JPYが大きく価格上昇。

・スポンサーリンク
Bitpointではbitcoinが貰えるキャンペーンが開始されております。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)が運営するGMOコイン

質問があればコメント欄からお願い致します。
わからないけどコメントはいやだなぁと思われる方はメールでも問題ないです。

下のメールアドレスまでご連絡ください。
↓↓↓↓
muchison_777@via.tokyo.jp
良ければ投げ銭もお願い致します。 NEETCOIN:NdwFcJHw3cRi6k8d1qqNx98BYF6v5FQoWo DASH(Darkcoin):XtXE464Kjd29HCiEcaJYfBK3rcd4rakRrN ETH:0xD4221c07e138199C4DA7731787401DfD2493AF52
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする