Bankera(バンクエラ)既に配当(?) 約10万円相当もらう(利回り:95%)

Bankera Token(BNK)取引所
HitBTC,SpectroCoin

本ブログでは、暗号通貨を知名度の高い仮想通貨と呼んでいます。

Bankera(バンクエラ)の前回の記事が圧倒的ビュー数を出しています。

理由は恐らく多くのインフルエンサー(影響力のある人)がつぶやいたりブログを書いたりしたからでしょう。

ここでは、前回の記事よりもわかりやすく、いい事だけでなく悪いことも踏まえた上で検討していただけたらと思います。

わかっているから買い方教えて!っていう方は最下位に書いてありますので、そちらを参考にしてください。

ICOに慣れている方は下のURLから登録お願い致します。
・Bankera ICO登録サイト
Bankera ICO公式サイト

Bankeraのメリット・デメリット

訂正

最初に私自身多くのBankeraについての記事をみて、多くの記事にある間違い等を訂正していきたいと思います。

あるブロガーが載せていたICOがもうすぐ終わるよーについて
→終わりません。閉店セールみたいなもので急がせてアフィリエイトに参加して欲しいだけかと思います。ICO自体は2月までありある一定の金額が集まるごとに0.01ユーロ値段が上がるものになっています。

NEM財団代表、ロン・ウォン氏だけでなく、Zaif(株式会社テックビューロ)の朝山貴生社長までフォローしており注目度・安全性が高いですよ!
→確かにロン・ウォン氏アドバイザーとして関係していることは高い安全性・注目度になるでしょう。世界で仮想通貨をしておりこの方を知らない方はいないほどですからね!日本で言うとソフトバンクの孫正義さんをイメージしていただけたら良いかと思います。私もこのロン・ウォンさんが関係していることでこのICOに参加したと言っても過言ではありません。これに加えて恐らくXEMのカタパルト(処理速度が現在最速のVISAを超える)がBankeraに実装されるのではないかとも思っています。Zaifの朝山社長については、XEM財団の理事なのでロン・ウォン氏がすることをフォローするのは当たり前かと思います。

メリット

・配当金が高い

実は本日初めての配当金を頂いて驚きました。配当金は日曜日に計算され火曜日に配当されることになっています。

配当通貨はイーサリアムになっています。

なぜか2回も配当貰えていました。既に1回目の分は追加でBNKを購入しました。知り合いに聞くと紹介手数料じゃね?って言われて確認したのですが、以下のように0円でしたし、メールも来ていないので配当ということにしておきましょう(?)

・金融系ICOだが…

良く金融系ICOでいろいろな企業・団体があるから戦いは厳しそうだよ。と言われます。私自身既に終わりましたが、金融系ICOのCrypteriumに参加していますが全くBankeraと異なります。多くの金融系は実店舗無しの仮想通貨のための銀行(?)どちらかといえば、ApplePayに近い方面を目指しています。Bankeraが目指しているのは仮想通貨だけでなく、現金も含めた本物の銀行を目指しています。現在銀行ライセンスを取得中です。2018年では秋ごろにヨーロッパでの実店舗を目指しているみたいです。旅行好きにとっては良い話ですよね!現在扱える法定通貨は下に図を載せておきますね!

・既にサービスがあり優位性がある

元々Bankeraチームはスペクトロコインというブランドの名のもとe-walletやデビットカード発行、決算代行の運営に成功している会社です。最近多くのICOが行われていますが、ほとんどのICOはサービスの実態がありません。しかし、このBankeraではすでにフィンテック技術やノウハウを持っているために他のICOと比べて優位に立てます

・インフルエンサー達のつぶやきが増えている

インフルエンサーたちのつぶやきは大きな価格上昇が見込めます。実際にXPが暴騰したように。

・暗号通貨カードが無料で発行できる

ICOに参加した方が1,000ユーロ以上BNK購入で貰えるみたいです。もちろん日本もサポート対象国です。

デメリット

安全性

ハッキングされる可能性は否定できないと思います。IoTやキャッシュレス時代になると当たり前かと思いますが、不安な方は投資しないほうが良いでしょう。少しでも興味があるのであれば勉強代として余剰金を入れることは有りだと思います。少しでも安全性を高めるためにパスワードを流用しないこと・大文字、小文字、数字、記号を含めたパスワードに設定することをしてください。

仮想通貨(暗号通貨)が使えなくなる可能性

WaveCrestの発表が発行されたすべての暗号通貨カードを廃止されたこと件で影響があるかもしれません。
→公式の発表によるとBankera及びSpectroCoinは新しいカード発行会社との契約が済んでいるみたいです。

配当金

デメリットではないかもしれませんが、配当金が貰えるのはあくまでBankeraが本格始動するまでです。本格始動すると配当金がもらえなくなります。もしかすると、何らかの特典が貰えるかもしれませんが…。逆転の発想をするとBankeraが成功するとなると、Bankeraトークンが上がるのではないでしょうか?実際その時になってしまわなければわかりませんが。

金融規制

金融規制でBitcoinやXEM(/NEM)などの通貨はなくならないと思います(多くの企業も投資をしており、禁止をしてしまうと大きなダメージをうけるため)が、仮想通貨にかかると何らかのダメージをBankeraが受ける可能性があると思います。

以上を頭に入れた上で参加するかを考えてください。

ICO参加方法

ICOサイトにいく

まだ、「国内取引所申請中なんだけど…」「買うかまだ分からないなぁ」と思っている方でも先に登録しておくと良いでしょう。

https://bankera.com/

この画面に「GET BNK」をクリックしてください。

SpectroCoinに登録

Bankeraチームが運営するSpectro Coin(スペクトロコイン)にリンクすると思います。

メールアドレスを入力をし、SIGN UPをクリックしてください。

メール確認が終わりましたら、次は仮想通貨を送金

国内取引所がまだないよ!っていう方は以下にメリットデメリットを記載していますので、そちらを参考にしてください。

送金してみましょう

まずはSpectroCoin(スペクトロコイン)にログインしてください。

https://spectrocoin.com/

Accountをクリックして、WalletsからDepositをクリックしてください。

そこから交換したい仮想通貨を選んでください。

今回は送金の早いXEM(/NEM/ネム)コインで説明していきます。

Deposit XEMをクリックするとAddressとMessageがありますので、メモしておきましょう。
Addressは送金銀行、Messageは個人口座番号ぐらいに思って頂けたら問題ないです。

次にお使いの取引所にリンクしてください。

Zaifではアカウント→入出金と履歴から送金できます。
送金する際は必ずAddressとMessageを記入して送金してください。

送金はNEMで45分、イーサリアムで6時間ぐらいかかります。

交換しよう

ICOに参加するということは、BNKトークンに交換することである。

送金が完了したら、AccountからExchangeをクリックして、Pay Currency(交換するために支払いたい通貨)とReceive Currency(交換したい通貨)にBNKを選んで交換したい分の通貨量を記入してください。

記入できれば、Exchangeボタンを押せば交換完了になります。

確認

実際に交換できたか確認するためにAccountからWalletsをクリックしてください。

この用に記載されていましたら交換できたか確認できた事になります。

関連記事

バンクエラ銀行買収!ビッグニュース!?Bankera Have Acquired a Bank

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする